耐熱ガラス入り特定防火設備 タイカルック

それは、限りなく完成にちかづいたガラスドア。


光をいっぱいに採り入れて、明るい視界を広げてくれるガラス。
あらゆる建物になくてはならないそんなガラスの特性に、さらに「防火性能」をプラスしたのがタイカルックの超耐熱結晶化ガラス。
特定防火設備に要求される防火性能をクリアしたハイ・クオリティな素材です。
明るく、美しく、そして火に強い。まさに画期的なガラスの登場です。

超耐熱結晶化ガラスの特長

800℃に熱した上で冷水をかけても割れない熱衝撃強度をもっています。
強度アップのためのワイヤは不要。
だからフロートガラスと同レベルの、非常にクリアな視界が広がります。
火に直接かけても割れない「耐熱ガラス」に匹敵する化学耐久性をもっています。

特性\ガラス

超耐熱結晶化ガラス

フロートガラス

光特性

可視光線透過率  5mm厚(%)

87

89

物理特性

密度 (g/

2.51

2.50

ガラスバリエーション

ガラスの種類は2タイプ。クリアーで見通しがよい<透明>とソフトな採光でやさしいイメージの<かすみ>があります。

<透明>

<かすみ>

設計・施工上の注意

ガラスの強度は、フロートガラス5mm厚と同レベルです。

ガラスの切断は、フロートガラスと同じくガラスカッターを使用すればスムーズです。

ガラスの割れ方は、フロートガラスと同様の放射状です。

ガラスの曲げ加工はできません。