その他装置 急降下停止装置(守護神)

シャッター急降下事故『0』を願って…

平成7年に製造物責任法が施行されて以来、シャッタ―に対する安全性への要求が高まっています。
特に不測の事故による急激な降下に対する保護装置の標準装備化が、平成22年版・公共建築協会の建築工事共通仕様書で「急降下停止装置」として具体的に盛り込まれています。
このような状況の中で、当社では従来の二重チェーンやガバナ装置に代わる保護装置として、シャッター急降下停止装置『守護神』を重量電動式シャッターに標準装備とし、より安全なシャッターを提供いたします。

『守護神』各部の名称

下記部品名の上へカーソルをのせると、左図の対応した部分が青く表示されます。
シャフト ガイドプレート
ディスクプレート フランジ
ローラー ベアリング
ボディプレート

機講説明(正常回転時)    機講説明(異常回転時)

従来の保護装置

二重チェーンでもローラチェーンの破断や外れ、電動開閉機の駆動部分に不具合が発生するとシャッターは急激に降下、重大な事故につながるとともにシャッターそのものも破損し多額の修理費用が発生します。ガバナ装置が作動した場合は、降下速度を一定に保持しますが、降下を防ぐことはできず事故の恐れがあります。 通常のシャッター

『守護神』

『守護神』は、シャッターの軸受を兼用するとともに万が一不具合が発生しても、急降下停止装置が
瞬時に作動し、急降下事故を未然に防ぎます。
もちろんシャッター本体やガイドレールが破損することはないので、修理作業は、降下の原因となっ
た箇所を修理した後、新しい『守護神』に交換するだけで済みます。

『守護神』の構造

ローラチェーンの外れや破断、開閉機の故障等で巻取りシャフトの回転速度が急激に大きくなった場合、
ガイドプレート上のローラが溝に押しつけられシャフト及びディスクプレートの回転を停止させます。

基本性能

種  類 適用開閉機 シャッターサイズ(最大) シャッター重量(最大)
RS30型 FA4 約9 約270kg
RS60型 F4A,F(H)6B
FC6,F(H)10B
約24 約700kg
RS155型 F(H)36B

約54 (幅7.7m×高さ7m)

約1450kg

ただしH-62型以上の大型開閉機には、適用しません。

性能項目 性  能
作動回転角 135°以下
制動負荷トルク
(許容負荷トルク)

RS 30型:294N・m

RS 60型:588N・m
RS155型:1519N・m

耐久回数 10000回の開閉に耐える(正常回転時)

本商品は、一般財団法人日本建築総合試験所の建築技術認定・証明事業実施要領に基づき、建築技術性能証明を取得したシャッター急降下停止装置です。 (平成13年9月 取得)